HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【感染症部会】指定感染症の期限延長‐新型コロナ、22年1月まで

2020年12月24日 (木)

感染症部会

 厚生科学審議会感染症部会は17日、新型コロナウイルス感染症を感染症法の「指定感染症」に位置づける措置について、期限の2021年1月末から1年間延長することを決めた。患者に対する入院措置や公費による医療提供など実施でき、医療現場や保健所等の視点から、延長の必要性を訴える委員が大半を占めた。厚生労働省は、意見募集など政令改正に必要な手続きを行う。

 指定感染症は、蔓延することで国民の生命、健康に重大な影響を与える恐れがある疾患で、患者に対する入院措置、公費負担による医療の提供、就業制限、疫学調査の実施などを行うことができる。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報