HOME > 企画 ∨ 

【日本薬学会第141年会】地域包括ケア時代における薬剤師の臨床研究‐地域におけるエビデンスの構築と現場での成果の活用に向けて

2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要

オーガナイザー
 亀井美和子(帝京平成大薬)
 岡田浩(京大院医)

 臨床現場で学術活動に取り組む薬剤師は増えており、薬学的知見に基づく薬物療法の評価、薬剤師実務の成果を示す臨床研究が数多く報告されている。一方、研究で成果が示されても、その取り組みは研究にとどまり、臨床現場で広く共有されないままであることが多い。

 地域包括ケアシステムに薬剤師が効果的に関わるためには、臨床研究によるエビデンス構築の推進と共に、その成果を適切な速度をもって医療現場に普及・定着させる必要がある。

 このような背景から、本シンポジウムでは、まず普及と実装科学(D&I)研究に取り組む研究者から実装科学について解説いただき、医療共通の実装に向けた課題等を共有する。

 また、地域での臨床研究を実践した複数の研究者に、取り組みと実装に向けた活動、研究に取り組む薬剤師の育成状況等について紹介いただく。

 さらに政策決定の経験者から、得られた研究成果を医療政策に反映させるための方策と課題等を提示いただく。

 (亀井美和子




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

企画 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報