HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

国内でプレゼンス向上図る‐アリナミン製薬が始動、アジア市場にも本格参入

2021年04月08日 (木)

本多社長

 武田薬品のOTC事業を担ってきた武田コンシューマーヘルスケア(TCHC)の売却に伴い、ブラックストーングループ傘下として1日から新たなスタートを切ったアリナミン製薬。同日行われたオンライン記者会見で、本多英司社長が経営方針を説明したほか、新社の社章が披露された。本多氏は「健康寿命の延伸に貢献するというミッションはこれまでと変わらない。多様化するヘルスケアニーズを捉え、売上、利益を向上させることで国内市場でのプレゼンスを高めていきたい」と抱負を語った。また今後、人口減少に転じる国内市場を見据え、アジア市場への本格参入にも言及。「中国市場でOTCのアリナミンの承認取得をぜひ頑張ってみたい」と意気込みを示した。

 本多氏は、アリナミン製薬としての国内市場でのプレゼンス向上に向けて、▽小売企業との関係性強化▽通販事業の再構築▽プロダクトポートフォリオの再編成――をポイントに挙げた。本多氏は、「武田時代はマスコミを活用した多彩なるプルマーケティングが中心だったが、そこにプッシュマーケティングも取り入れ、比率を考えながらプレゼンスを向上させていきたい」と語った。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報