HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【NPhA】首藤会長、リフィル処方検討に「賛成」‐緊急避妊薬はルール必要

2021年06月17日 (木)

首藤氏

 (NPhA)の首藤正一会長()は10日の定例会見で、「2021」の原案に緊急避妊薬のスイッチOTC化とリフィル処方の検討が盛り込まれたことに言及。「いずれも賛成」と賛意を示した。

 骨太方針の原案では、「症状が安定している患者については、医師と薬剤師が連携することで、医療機関に行かなくても一定期間内に処方箋を反復利用できる方策を検討し、患者の通院にかかる負担を軽減する」と記載された。いわゆるリフィル処方であり、首藤氏は「賛成していきたいという意見が、常任理事会でも大半だった」と説明。「リフィルに関しては点数の問題、経済的なデメリットもあるが、患者目線で見て進めるべきだという賛成意見が大半だった」と説明した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報