TOP > 無季言 ∨ 

インタビューフォーム、更新が不十分な事例も

2021年10月20日 (水)

◆医薬品の添付文書を補完する情報源として活用されているものにインタビューフォーム(IF)がある。日本病院薬剤師会は段階的にIF記載要領を更新し、情報の拡充に向けて製薬企業に協力を求めているが、対応が不十分な事例は少なくないようだ
◆帯広厚生病院薬剤部の佐藤弘康氏らは、今月上旬にウェブ上で開かれた日本医療薬学会年会で調査結果を発表した。同院が採用する656種類の錠剤・カプセル剤のうち、2019年に示された最新の記載要領に準拠したIFを備えているのは14.6%だけだった
◆大半のIFが18年以降に作成・更新されていたものの、13年の記載要領に準拠したIFが51.1%と過半を占めていた。98年準拠は9.3%、08年準拠は8.4%と古い記載要領に基づくIFも少なくなかった
◆IF更新時に旧版のIFを流用して作成し、新記載要領に準拠し直す作業が行われていない可能性があるという。佐藤氏らは製薬企業に、最新の記載要領への速やかな準拠と、新設項目のデータ記載を要望している。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

無季言 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報