HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

’15年には癌分子標的治療薬が主体に‐癌治療薬上位20品目を市場予測

2006年08月04日 (金)

 市場調査のデータモニター日本支社は、癌治療薬売り上げの約6割を占める上位20品目について、日本を含む主要7市場での2005年から15年までの市場予測を発表した。それによると、15年時点での売上高は274億ドル(IMSデータ)で年平均成長率は2.9%と予測。同年までには「分子標的治療薬が上位20品目の大半を占めると思われる」と指摘した。

 分子標的治療薬の年平均成長率は6.9%と予測。現在の主力品である「リツキサン」(ロシュ)、「ハーセプチン」(ロシュ)、「グリベック」(ノバルティス)の伸びに加え、「アバスチン」(ロシュ)、「タルセバ」(ロシュ)、「タイカーブ」(グラクソ・スミスクライン)が成長に寄与するとみている。

 同社は、「今後は分子標的治療薬が標準的な療法に組み込まれ、同系統の新製品の開発および拡大戦略の実施と共に、今後急速に中心的地位を確立していくと思われ、15年までには分子標的治療薬が上位20製品の大半を占めると思われる」と分析した。

 一方、「細胞毒素治療薬、抗ホルモン療法の15年時点で占める売り上げの割合は、05年から比較して、マイナス成長となりそう」との見方を示し、特許切れやジェネリック化の進行を要因に挙げた。

 日本市場については、15年時点で54億ドル、年平均成長率は5.8%と他の市場よりも高いが、新製品の売り上げ増に加え、特許切れやジェネリック薬の影響が比較的少ないことを挙げている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報