HIV‐RNA定量試薬を発売 アボットジャパン

2009年2月18日 (水)

yakuji_photo
アキュジーンm‐HIV‐1

 アボットジャパンは、リアルタイムPCR測定装置「アボットm2000rtアナライザー」の専用試薬として、「アキュジーンm‐HIV‐1」を新発売した。

 従来の検査対象だったHIV‐1のグループMに加え、国内で初めてグループNやグループOの検出・測定を可能にしたことが大きな特徴。日本では今のところグループO感染の報告はないが、グループOもカバーできる点は大きなメリットだ。

 また、グループMに属する多くのサブタイプを、バラツキなく正確に定量・検出できるようプライマー・プローブが設計されており、1mLの血漿検体で40コピーから1000万コピーの広いダイナミックレンジで定量できる。そのため、正確なウイルス量のモニタリングや最適な治療の選択が行える。

 既に海外では、50カ国以上で販売されている。税別希望販売価格は、アキュジーンm‐HIV‐1(96回用)が1キット38万円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録