HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【福島県立医大】アスタチンのRI内用療法、年内に非臨床試験開始‐20年までに第I相

2017年3月28日 (火)

稲野彰洋氏

稲野彰洋氏

 福島県立医科大学は、抗腫瘍効果が強く半減期の短いα線を放射する放射性核種「アスタチン211」(211At)を製造できる中型サイクロトロン「MP-30」の稼働が成功し、211Atを抗体やペプチドなどにリンカーを用いて結合させ、癌細胞を選択的に破壊する放射性同位体(RI)内用療法としての実用化を目指す。今後は211AtのRI内用療法に関して、年内に動物を用いた非臨床試験、2020年までにヒトに投与する医師主導第I相試験を実施する計画だ。同大学附属病院臨床研究センター病院教授の稲野彰洋氏は、「211Atを用いたRI内用療法を一刻も早く患者に利用可能な状態にできるようにがんばっていきたい」と意気込みを示した。

 福島県立医科大学は、放射線医学研究の国内最先端の拠点で、放射性核種の製造に用いる加速エネルギーの異なる小型・中型サイクロトロンを2台保有し、今回稼働したα線を放射する放射線核種を製造可能な中型サイクロトロン「MP-30」を保有する日本唯一の医療機関となっている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録