粘膜付着型鼻過敏症治療剤「スカイロン点鼻液50μg28噴霧用」を発売 大日本住友製薬

2006年9月22日 (金)

 大日本住友製薬は19日から、粘膜付着型鼻過敏症治療剤「スカイロン点鼻液50μg28噴霧用」(一般名:プロピオン酸フルチカゾン)を発売した。売り上げ見込みは初年度4億円、ピーク時7億円。持続性抗アレルギー剤「エバステル」との相乗効果を狙う。

 同剤は、グラクソ・スミスクラインが販売する「フルナーゼ」のジェネリック医薬品。東興薬品が開発した。東興薬品が特許を有する鼻腔内滞留性の優れたゲル基剤を用い、噴霧容器にも工夫を加え、噴霧後の液だれを少なく、滞留性や使用感を良くした。また、[1]あらゆる角度から噴霧が可能[2]使用時に振る必要がない[3]特異な臭いがしない――などの特徴もある。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録