HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【デンカ生研】インフルエンザワクチン製造設備を増強へ

2006年5月8日 (月)

 デンカ生研は、新潟工場(五泉市)内にインフルエンザワクチン製造設備を40億円かけて増設することを決め、5月中にも着工する。需要が高まる見通しにあるインフルエンザワクチンの生産能力増強と、新しいワクチンの研究を行う。完成予定は2007年4月、09年からの稼働を計画している。

 増設するのは、インフルエンザワクチン原液製造設備、組織培養法インフルエンザワクチンのパイロットプラント。生産能力は年間で約1000万本となるという。

 増設の決定に伴い、社内に「ワクチン新棟臨時建設プロジェクトチーム」を編成し、山田光矩技術開発本部副本部長(生産技術担当)がチーム総括責任者に就任した。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録