HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【旭化成ファーマ】米での導出品開発中止めぐる訴訟に勝訴

2011年8月23日 (火)

 旭化成ファーマは、開発中のRhoキナーゼ阻害剤「ファスジル」の開発・販売権をめぐる訴訟で、米カリフォルニア州サンマテオ郡地方裁判所が、アクテリオンとその関連会社・役員に対し、総額5億1660万ドルの支払いを命じる第一審判決を下したと発表した。

 旭化成ファーマは2006年6月に、米コセリックスに対し、ファスジルに関する開発・販売権を供与するライセンス契約を締結した。しかし、アクテリオンが07年1月にコセリックスを買収。それ以降、コセリックスがファスジルの開発を中止したため、旭化成ファーマが08年11月に、アクテリオンとその関連会社・役員に対して、不法にファスジルの開発を止めさせたことを理由に、損害賠償を求める訴えをカリフォルニア州サンマテオ郡地裁に提起していた。

 既にコセリックスに対しては、国際商工会議所から09年12月に、ライセンス契約の違反に基づく損害賠償として、約9100万ドルの支払いを命じる裁定を得て、旭化成ファーマが全額を受領済み。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録