HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【富士フイルム】印DRLとの合弁解消‐優先度高い3領域に資源投入

2013年06月06日 (木)

 富士フイルムは、2011年7月に結んだ印ジェネリック医薬品企業大手「ドクターレディ・ラボラトリーズ(DRL)」とのGE薬開発・製造合弁会社の設立に関する基本合意を解消したと発表した。

 両社は、富士フイルムが51%、DRLが49%を出資するスキームで基本合意し、コスト競争力の高い国内向けGE薬の開発・製造を手がけ、14年の製品上市を目標に掲げていた。合弁会社設立に向けた検討を進める中、富士フイルムは、医薬品事業の成長戦略でより優先度の高い▽癌領域の新薬▽バイオ医薬品▽付加価値の高いGE薬――の3領域に資源を投入していく必要があると判断。DRLとの合弁会社に関する基本合意を解消した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報