HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【健康日本21推進フォーラム】危機意識低い一般成人、母親と成人で意識に差‐インフルエンザ調査

2013年12月16日 (月)

 母親と一般成人ではインフルエンザに対する不安感に大きな開きがあり、一般成人の危機意識の低さや第三者への感染の可能性がある状況で、自己判断により通学・通勤している。こんな実態が、健康日本21推進フォーラムの調査で浮き彫りになった。また、治療薬の特徴を知ることで、服用・使用意向に変化が見られ、治療薬や治療に対する知識を深めることは、子供や自分自身がよりよい治療を受ける上で大切なことも分かった。

母親の3分の2が不安感

 同調査は、0~15歳の子供を持つ母親2000人と、20~60代の一般成人の男女600人、計2600人を対象に、インフルエンザの予防と治療に対する本音を聞いたもの。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録