HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

患者参加型の血友病治療へ‐バイオベラティブ・ジャパン 笠本社長に聞く

2017年3月9日 (木)

サポート資材を開発‐今後はデジタルとも融合

笠本社長

 米バイオジェンから血友病事業を分社化して設立されたバイオベラティブの日本法人として、2月に発足した「バイオベラティブ・ジャパン」は、血友病治療薬の定期補充療法の普及に向け、患者が自発的に治療に取り組む“患者参加型”の治療サポートを強化する。代表取締役社長に就任した笠本浩氏は、本紙のインタビューに応じ、「定期補充療法に適した患者さんに対して、最適な治療を受けていただくための仕掛け作りが、まだ追いついていない」と述べ、医師と患者間のコミュニケーションを円滑にし、両者が話し合って治療方針を決定するプロセスが血友病領域で必要と指摘。治療方針などが書かれた6種類の患者向け資材を同社が独自に作り、受診時に患者が症状に合わせて自分で資材を選択し、治療方針を共有していく患者サポートサービスも開始したことを明らかにした。

 血友病領域に特化したバイオベラティブ・ジャパンは、バイオジェンが営業・マーケティング戦略などを考慮して事業計画を検討した結果、バイオジェンは変性疾患、バイオベラティブは血友病と専門領域に特化した会社に分社化し、新たなスタートを切った。笠本氏は、「それぞれの課題に100%リソースを注ぐことができる。血友病に特化した製薬会社はわれわれだけであり、その責務も大きい」と抱負を述べる。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録