HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

ジェネリック薬メーカーの海外進出「よく考えて判断すべき」‐厚労省保険局・城総務課長

2017年5月29日 (月)

城克文氏

 厚生労働省保険局総務課課長の城克文氏は、20日に沖縄県名護市で開催したジェネリック医薬品・バイオシミラー学会学術大会で講演し、国内ジェネリック医薬品(GE薬)メーカーの海外進出に関して、「国内市場の縮小が見込まれる中、海外進出を考えていかなくてはならなくなっているが、ただ海外に出ればいいわけではない。よく考えるべき」と語った。その上で、海外のGE薬メーカーが生産拠点獲得の目的で、東南アジア各国に進出する動きが進んでいることを引き合いに、「われわれのマインドに合っている気がする」とし、アジアを土台とした海外展開が一つの選択肢になるとの考えを示した。

 城氏は、GE薬の数量シェア80%時代を控え、「GE薬の比率が上がり、医療機関側の在庫が大変になる中、安定供給や品質を守るのは当たり前の話になっており、それができないメーカーはさすがに出遅れではないか」と指摘。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録