HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本調剤】今春の改定は「大変厳しい内容」‐三津原社長が見解

2018年5月17日 (木)

三津原博社長

三津原博社長

 日本調剤の三津原博社長は、10日に開催した2018年3月期の決算説明会の中で、18年度調剤報酬改定に関して「大変厳しい内容。チェーンから見ると、恐るべき調剤報酬改定だった」と振り返った。一方で、「厳しい中で、方向性というものも見えてきた」とも語った。

19年3月期は増収減益見込む

 今回の改定では、基準調剤加算がなくなり、地域支援体制加算が新設された。三津原社長は「地域支援体制加算の要件が8項目あり、これは“全部やろうと思ってもできない”と言っても過言でないくらいの項目。もう少し手の届くハードルにしてもらえたら、ありがたかった。(われわれも)最大限努力していく予定でいるが、何年経てば達成できるか分からない」と指摘。その一方で、「達成しなければ生き残れないかもしれない。そうした店は潰れていくのだろうと思う。そうしたことを包括しながら、前に進んでいくことを考えている」とした。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録