HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ヤマハ発動機】イーベックの筆頭株主に‐バイオベンチャーの出資は初

2018年9月6日 (木)

握手を交わす左からヤマハの藤田氏、イーベックの土井氏

握手を交わす左からヤマハの藤田氏、イーベックの土井氏

 ヤマハ発動機は、北海道を本拠とする国内バイオベンチャー「イーベック」に対し、約5億円を出資し、同社を持分法適用関連会社にすると発表した。イーベックの発行済み株式全体の23%を保有し、筆頭株主に浮上する。バイオベンチャーへの出資は初となる。昨年度から創薬支援事業に参入し、化合物の薬効を調べるスクリーニングを効率化する細胞ハンドリング装置「CELL HANDLER」(セルハンドラー)の販売を開始。両社は戦略的提携も行い、イーベックの抗体作製技術を活用し、抗体産生細胞の中から目的抗体を産生する細胞を特定し、良質な細胞だけを抽出するシングル細胞ピッキングシステムの共同開発を進め、抗体作製の受託サービス事業を強化する。

 ヤマハは、二輪車事業が売上全体の6割を占めているが、2016年からスタートした3カ年中期経営計画で「ソリューションビジネスへの挑戦」を掲げ、拡大が続くバイオメディカル研究分野を強化している。電子部品をプリント基板に搭載する産業ロボット用技術を応用し、研究者が試験管に細胞を入れて、化合物の薬効を調べる際に行う細胞ピッキング工程を自動化する機器「セルハンドラー」の販売を開始し、福島医科大学に納入している。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録