HOME > 無季言 ∨ 

「おくすりカウンター」運営会社が破産

2018年10月15日 (月)

◆時代を先取りし過ぎたのか。都内の駅構内など展開していた調剤薬局「おくすりカウンター」を運営する未来の薬局が先月27日に東京地裁から破産開始決定を受けた。信用調査会社などによると利用者は増加していたが売上が想定を下回り、資金繰りが厳しかったという
◆同薬局では、処方箋調剤の待ち時間圧縮で、患者が通勤途上などで処方箋を渡しておけば帰宅時に待たずに調剤薬を受け取れることなどを売りにスタート。今春までに都内の3カ所に店舗があった
◆スマホで処方箋を先送りして、薬局で待ち時間なく調剤薬の受け取りができるサービスのほか、処方箋医薬品の配送、ウェブ決済も可能で、薬剤師と患者がWEBチャット上でコミュニケーションできる仕組みも備えていたようだ
◆薬局薬剤師が対物から対人業務へシフトする中、ICTを活用した業務効率化は今後の課題でもある。しかし、調剤を実施する薬局は「医療提供施設」だ。患者の利便性は大事だが、処方箋を調剤して薬を渡すだけの施設に特化し過ぎる必要はないと思う。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録