HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【米IQVIA】在宅治験で4試験受注‐後期開発相で効力を発揮

2018年10月22日 (月)

モニターの役割「訪問看護師に」

ローズ氏

ローズ氏

 米CRO大手のIQVIAは、7月から米国で患者が自宅からでも治験に参加可能な「バーチャル治験」に対応したITプラットフォームの提供を開始した。24時間リアルタイムで心電図や血圧、活動量を測定できるウェアラブル機器などのモバイル・ヘルス・デバイスを活用すると共に、参加したステークホルダーが被験者情報を共有し、治験責任医師がオンライン診療、必要があれば看護師が自宅を訪問し、患者をケアする新たな治験の枠組みになる。患者が治験に参加する負担を軽減しながら、被験者組み入れ期間を短縮し、治験費用を削減する。既にIQVIAとして四つの試験を受注しており、今後はEU、将来的には日本への導入も視野に入れる方向だ。

 製薬企業の医薬品開発では、治験実施期間の長期化や治験費用の高騰、開発成功確率の低下、治験に携わるスタッフの人手不足と課題が山積している。そこで従来、医療機関で行う治験のプロセスを見直し、患者中心の考え方に立った新たなモデルとして、バーチャル治験が注目されている。被験者はわざわざ医療機関に来院することなく、自宅や職場などで治験に参加することが可能だ。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録