HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【IQVIA調査】18年7~9月国内医家向け医薬品市場、3.5%のマイナス成長に‐過去5年間で最大の減少幅

2018年11月12日 (月)

 2018年7~9月の国内医家向け医薬品市場が薬価ベースで前年同期比3.5%減の2兆4520億円と、第2四半期に続きマイナス成長となったことがIQVIAの調査で明らかになった。過去5年間の第3四半期を見ても最大のマイナス幅となり、薬価改定の影響を大きく受けた。C型肝炎治療薬「マヴィレット」が売上トップ製品となった一方、抗癌剤「アバスチン」は2位に順位を下げ、上位10製品の順位が全て入れ替わるなど、市場縮小局面で市場構造が大きく変化しているようだ。

 市場別で見ると病院市場は0.3%減となり、前年のプラス成長からマイナス成長に転じた。開業医市場は5.0%減で第2四半期から連続で減少したほか、薬局その他市場は6.6%減と前年は1.4%増だったが、その後3四半期連続のマイナス成長となった。3市場が揃って減少したのは17年第1四半期以来のこととなる。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録