HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【第一三共】キザルチニブの承認不可‐FDAが通知、米展開に試練

2019年06月26日 (水)

 第一三共は24日、急性骨髄性白血病(AML)の適応で米国申請中の経口FLT3阻害剤「キザルチニブ(一般名)」について、米FDAから現在の申請内容では承認不可とする審査完了報告通知を受領したと発表した。同社では通知内容を精査している段階で、今後の対応を検討中。国内では18日に承認を取得したばかりの自社抗癌剤第1号製品だが、今年度上半期までに予定していた米国承認は厳しい状況となり、同製品のグローバル展開に大きな影響を与えそうだ。

 キザルチニブは、癌領域を強化する同社が重要な癌種に位置付けるAMLフランチャイズの主力製品。AML患者の約25%にFLT-ITD変異が認められており、FDAから画期的治療薬指定を受けていた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報