HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【GSK】癌免疫療法参入で攻勢‐フース氏「来夏にも複数製品投入へ」

2019年12月05日 (木)

アクセル・フース氏

アクセル・フース氏

 英グラクソ・スミスクライン(GSK)は、癌免疫療法への参入で世界に攻勢をかける。抗BCMA抗体薬物複合体(ADC)「ベランタマブ・マフォドチン」、抗PD-1抗体「ドスタリマブ」の2製品を今月に米FDAに申請し、来年中頃の上市を予定。既に抗PD-1抗体など各社から競合品が販売されている中、複数の製品で癌免疫療法に参入していく方針だ。

 オンコロジー研究開発ヘッドのアクセル・フース氏は、競争の激しい癌免疫療法への参入に当たって、「全ての癌患者さんが免疫療法の恩恵を受けているわけではなく、既存治療を変える薬剤でアンメットニーズに価値を提供していく」との方針を示す。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報