HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【杏林製薬】新型コロナ検出試薬、今月中旬メドに発売

2020年04月07日 (火)

 杏林製薬は3月31日、マイクロ流路型遺伝子定量装置「ジーンソック」を用いた新型コロナウイルス検出試薬「SARS-CoV-2ジーンソックER杏林」を今月中旬をメドに発売すると発表した。

 同試薬は、杏林と産業技術総合研究所が共同開発し、昨年11月に販売を開始した遺伝子定量装置のジーンソックを用いることで、新型コロナウイルスを約15分で検出できる。前処理時間を含めて約1時間で検査結果を確認できることから、検査に4~6時間が必要だった従来のPCR検査と比較して大幅な時間短縮となる。従来のPCR検査のように一度に大量の検体を検査することには向いていないものの、少量の検体を迅速に診断するのに適している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報