HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日医が経営状況調査】コロナ影響、薬局で小さく‐次期改定で配分見直し必要

2020年08月31日 (月)

松本吉郎常任理事

松本吉郎常任理事

 日本医師会は、4~6月における病院や診療所、調剤チェーン薬局やドラッグストアの経営状況に関する調査結果をまとめた。新型コロナウイルス感染症の影響で長期処方が増え、医科の調剤料が前年同期比で大幅に減少した一方、上場する一部の調剤薬局とドラッグストアでは影響が小さく、ほぼ変わらなかった。松本吉郎常任理事は26日の記者会見で、「長期処方の影響は1年を通して見なければならないが、医科と調剤の差がこのまま推移すれば、次期診療報酬改定で配分の見直しも必要」と述べ、病院の調剤料引き上げを求めた。

 診療報酬改定後の4~6月における病院・診療所の医業収入は前年同期比10%以下となり、利益率も赤字となった。松本氏は「経営が著しく厳しいことが明らかになったことから、改めて国に対して経営支援を要請したい」と語った。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報