フォーミュラリー”を含む記事一覧

2020年10月07日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
国が費用全額負担 コロナワクチン:P2 会員資格停止3カ月 ノイエス:P2 デジタル基盤構築へ 大日本住友:P7 経鼻ワクチンを獲得 塩野義製薬:P8

続きを読む »


2020年08月06日 (木)

 日本調剤は、ジェネリック医薬品の普及、有効活用を目指し、欧米など先進国で普及しているフォーミュラリーの作成を通じた医療費削減と標準薬物治療の確立に取り組む中、全国健康保険協会静岡支部(協会けんぽ静岡支部)から地域フ

続きを読む »


2020年08月05日 (水)

裾野拡大向け人材育成  東北医科薬科大学病院を中心に、仙台市宮城野区、仙塩地区の病院薬剤師が連携し、共通の院内フォーミュラリーを作成する活動をスタートさせた。規模も経営母体も違う病院の薬剤師がフォーミュラリーを

続きを読む »


2020年08月05日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
RWDの申請資料活用 PMDA:P2 医薬品開発協議会設置 政府:P2 中国市場で拡販へ 小林製薬:P7 企画〈GE薬メーカー〉:P3~6

続きを読む »


2020年07月17日 (金)

 大阪府薬務課は、昨年度の後発品安心使用促進事業で作成した「ジェネリック医薬品等使用実績リスト」の公開を、6月6日から府ホームページ上でスタートさせた。国民健康保険、後期高齢者医療の府内の調剤レセプトデータ(2019

続きを読む »


2020年07月17日 (金)

きょうの紙面(本号8ページ)
アジア規制調和へ実行戦略:P2 早期ADで第III相 エーザイなど:P8 企画〈薬剤師のスキルアップと生涯学習〉:P3~6

続きを読む »


2020年06月02日 (火)

 日本調剤は、医療機関の医薬品情報(DI)の収集と評価を一元管理することで、標準化と効率化を支援する国内初の高度DIウェブプラットフォーム「FINDAT(ファインダット)」を開発し、1日から運用を開始した。国内外の各

続きを読む »


2020年06月01日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
6件の承認・一変了承 医薬品第2:P2 地域医療連携へ手引き 日病薬:P3 高度DI基盤を運用 日本調剤:P6 コロナワクチン開発加速へ 米メルク:P7

続きを読む »


2020年04月08日 (水)

院内取組みを地域に発信  八尾市立病院は、今月から院内フォーミュラリーの運用を開始した。プロトンポンプ阻害薬(PPI)の注射剤、抗インフルエンザウイルス薬の2領域でスタートし、原案が固まったPPI経口剤

続きを読む »


2020年04月08日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
初回からオンライン診療 解禁へ攻勢:2 ネット配信の講義開始 第一薬科大:P3 製薬各社が入社式:P4 マラリアワクチン開発へ 大日本住友など:P7

続きを読む »


2020年03月06日 (金)

◆医薬品の有効性や安全性、経済性を踏まえて同種同効薬を評価し、その薬剤選択基準を明示するフォーミュラリー。院内での策定は各地で行われているが、地域フォーミュラリーの策定はまだほとんど進んでいない ◆院内フォーミュラ

続きを読む »


2020年03月06日 (金)

きょうの紙面(本号8ページ)
診療報酬改定を総括 日医など:P2 後発品への不安感 医師に根強く:P3 婦人科事業など分社化 メルク:P7 企画〈花粉症〉:P4~5

続きを読む »


2020年02月19日 (水)

 大阪府は14日、2019年度の第2回大阪府後発品安心使用促進のための協議会を開催した。その中で、今年度事業として取り組む八尾市のモデル事業の成果が報告された。八尾市では医師、歯科医師、薬剤師に向けたフォーミュラ

続きを読む »


2020年02月19日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
国産初の核酸医薬 28日に審議:P2 肥満薬米承認取下げ エーザイ:P7 企画〈インターフェックスWeek大阪〉:P4~5

続きを読む »


2020年02月10日 (月)

調剤料下げは「甘受する」  2020年度診療報酬改定の答申を受け、日本医師会、日本薬剤師会、日本歯科医師会の診療側と支払側は7日に記者会見を開き、改定議論を総括した。診療側は、医師等の働き方改革の対応への評価な

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報