膵癌”を含む記事一覧

2020年10月16日 (金)

きょうの紙面(本号8ページ)
卸4社を捜索 談合疑惑で:P2 服薬フォロー講習配信 大阪府薬:P3 メーカーが週替わり展示 森川産業:P6 コロナワクチン治験一時中断 米J&J:P7

続きを読む »


2020年10月14日 (水)

 厚生科学審議会再生医療等評価部会は8日、千葉大学医学部附属病院から、悪性胸膜中皮腫を対象にNK4遺伝子を発現するアデノウイルスベクターを投与する臨床研究を受けた患者が、昨年12月に膵癌の進行で死亡したと報告を受けた

続きを読む »


2019年07月05日 (金)

きょうの紙面(本号8ページ)
再生医療文化の醸成へ FIRM:P2 各国保健相が健都を視察:P3 薬局の専門性生かし通販サイト:P6 ヘルスケア事業に参入 楽天:P7

続きを読む »


2019年06月17日 (月)

 関西医科大学は、膵癌に対する抗癌剤併用療法の臨床試験費用をクラウドファンディングで募集することにした。治療法は既に先進医療に認定されており、保険適用を目指して第III相試験を実施する。国や製薬企業から資金援助を受け

続きを読む »


2019年06月17日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
薬歴改ざん問題に言及 日薬など:P2 町田市薬と連携協定 昭和薬大:P3 メディデータを買収 仏ダッソー:P7 企画〈薬局協励会〉:P4~5

続きを読む »


2017年10月04日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
臨床研究の資金提供を議論:P2 在宅患者ケアで演習 昭和大学:P3 薬局向け事業で連携 ユニケとノア:P6 診断薬子会社を譲渡 協和発酵キリン:P7

続きを読む »


2017年08月08日 (火)

 大日本住友製薬の多田正世社長は3日、都内で記者会見し、抗癌剤「ナパブカシン」について、結腸直腸癌と膵癌の開発に集中していく方針を強調した。パクリタキセルとの併用による胃・食道胃接合部腺癌を対象とした「BRI

続きを読む »


2017年08月07日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
使用済みSUDの再製造開始:P2 薬学部で多職種連携教育を:P3 国内既存品など好調 小林製薬:P6 計画上回る進捗度 トレアキシン:P7

続きを読む »


2017年06月29日 (木)

 大日本住友製薬は、胃・食道胃接合部腺癌を対象とした癌幹細胞阻害剤「ナパブカシン(一般名)」(開発コード:BBI608)の第III相試験「BRIGHTER試験」の中間解析で、独立データモニタリング委員会が対照群に比べ

続きを読む »


2016年07月11日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
高額薬剤は3局の課題 鈴木保険局長:P2 同時改定へ姿勢示す 蒲原老健局長:P2 薬局ビジョン推進事業 実施県決定:P3 創薬ベンチャー型で差別化 日本ケミファ:P7

続きを読む »


2016年02月19日 (金)

きょうの紙面(本号8ページ、別刷「メディカル版」8ページ)
50周年式典を開催 GE薬協:P2 リンパ腫領域に参入 セルジーン:P7 企画〈胃腸薬〉:P4~5

続きを読む »


2015年07月07日 (火)

核酸医薬開発に挑む‐2年以内に開発候補創出  ナノキャリアは、ナノ粒子で内包した薬物の血中徐放性を高め、確実に標的抗原へと送達させるドラッグデリバリーシステム(DDS)「ミセル化ナノ粒子技術」で、有効性や安全性

続きを読む »


2015年06月19日 (金)

きょうの紙面(本号12ページ、別刷「メディカル版」8ページ)
単品単価の覚書締結は前進:P2 インバウンド調査実施 日家協:P10 企画〈OTC医薬品〉:P4~9

続きを読む »


2015年05月27日 (水)

第25回 精神科領域臨床研修会 2015年5月27日 追加 抗精神病薬といえば基本骨格から派生した定型薬剤が主であった時代から近年は非定型抗精神病薬の時代へと移り変わってきた。それに伴

続きを読む »


2014年12月18日 (木)

【武田薬品】アンドリュー・プランプ氏の次期CMSOとしての着任について
【協和発酵キリン】モガムリズマブ適応追加承認取得~化学療法未治療のCCR4陽性の成人T細胞白血病リンパ腫~
【大鵬薬品】抗悪性腫瘍剤「アブラキサン(R)点滴静注用100mg」治癒切除不能な膵癌で効能追加の承認取得

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報