HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

16年3月期中間決算出揃う‐エーザイが5年ぶり増収増益、国内製薬大手4社は復調傾向に

2015年11月2日 (月)

 国内製薬大手4社の2016年3月期中間決算が10月30日、出揃った。前期に有形固定資産の売却益を計上した武田薬品は増収減益となったが、アステラス製薬と第一三共は二桁の増収増益、エーザイも主力品のアルツハイマー病治療薬「アリセプト」が特許切れして以来、5年ぶりに増収増益を達成した。通期は、4社が揃って増収増益を予想しており、国内大手は復調傾向にあるといえそうだ。アステラスと武田は、海外売上比率が60%台半ばにまで拡大するなど、海外シフトの事業構造を一段と加速している。

 武田薬品は、グローバルで販売する主力の降圧剤「カンデサルタン」や糖尿病治療薬「ピオグリタゾン」、プロトンポンプ阻害剤(PPI)「ランソプラゾール」などの特許切れ影響をほぼ克服しつつある。昨年6月に発売し、年間売上20億ドルを期待する潰瘍性大腸炎治療剤「エンティビオ」が、前年同期比5.5倍の360億円と急拡大。逆流性食道炎治療剤「デクスラント」や降圧剤「アジルバ」も二桁の伸びを示し、新製品の貢献で6%台の増収となった。

表:国内製薬大手4社の2016年3月期中間決算

[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録