HOME > 無季言 ∨ 

「不眠症治療に関する意識と実態」調査

2016年9月26日 (月)

◆MSDはこのほど、「不眠症治療に関する意識と実態」調査を行った。それによると、不眠症の疑いがありながらも、治療に対しては「始めたらやめられなくなる」などの不安を持っている人が多かった
◆具体的には、「不眠症の疑いがある」に該当する人が「少しある」も含めると6割近くながら、そのうち医師に相談していない人が約6割に達した。また、不眠症治療を行っていない人の約6割は不眠症治療薬に対して「飲み始めたらやめられない」という印象を抱いていた
◆一方、不眠症治療薬の“減薬・休薬”について医師と話し合った患者は、不眠症状を医師に相談した人でも約3割程度。医師と患者のコミュニケーション不足という課題も浮き彫りになっている
◆不眠症治療薬に対し「依存性が強くなる」というイメージを持っている人が多い中、正しい情報を周知することや医師としっかりコミュニケーションを取ること等が必要だろう。MSDでは引き続き不眠症に関する認知向上等に努めていく考えで、その取り組みに期待したい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録