HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【J&J】治療での眼科受診は約2割‐花粉症のCL装用者に調査

2013年2月7日 (木)

 ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)ビジョンケアカンパニーは、本格的な花粉シーズンに先がけて、20~40代のコンタクトレンズ(CL)装用者で花粉症の309人を対象とした意識調査を実施した。それによると、今春は花粉飛散量が多めと予測されていることから早めの予防対策意識が高まっているものの、花粉症治療のための眼科受診は約2割にとどまっていることが分かった。

 花粉症対策を開始する時期については、「症状が出る前」との回答が48・9%となり、昨春の同設問に対する回答の24・3%から倍増しており、早めの対策意識が高まっていることがうかがえる。一方で、花粉症治療のために眼科へ通院するCL装用者は21・0%で、耳鼻科への通院(43・4%)と比べると少なく、目についての花粉症対策への意識は低い結果となった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録