HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【中医協総会】患者申出療養の枠組み了承‐身近な医療機関も協力可

2014年11月7日 (金)

 厚生労働省は5日、患者からの申し出によって国内未承認薬等を混合診療として使えるようにする「患者申出療養」(仮称)の枠組みを中央社会保険医療協議会総会に示し、大筋で了承された。きょう7日に開く社会保障審議会医療保険部会の議論も経て、次期通常国会に健康保険法改正法案を提出する。具体的な運用方法については、法律の施行までに中医協でさらに詰めていく。

 新たな枠組みでは、患者申出療養として初めての医療を実施する場合、患者はかかりつけ医と相談しつつ臨床研究中核病院等に申し出ることとした。中核病院は実施可能と判断した場合、実施計画や安全性・有効性等のエビデンス、患者からの申し出を示す書類を添付した上で、国に申請。国は患者申出療養に関する会議において、その妥当性を確認、申請から原則6週間で実施の可否を判断する。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録