HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大阪府薬研修会】薬薬連携のあり方探る‐過量投与状態把握が重要

2016年12月9日 (金)

藤垣氏

藤垣氏

 大阪府薬剤師会は3日、「薬を透かして患者をみる!薬局薬剤師と病院薬剤師が協力して適正な処方提案へつなげるために」をテーマに、「2016年度 薬―薬連携推進のための研修会」を開催した。同研修会は、薬剤における高齢者の過量投与状態を把握するための情報を製薬企業から提供してもらい、薬局薬剤師と病院薬剤師が知識を共有して“医師への処方提案につなげる”ことを目的としたもの。トライアルな取り組みとして行われ、武田薬品、塩野義製薬、田辺三菱製薬、中外製薬、アステラス製薬の5社の担当者が講演した。

5企業が留意点など紹介

 藤垣哲彦会長は、「実質的な薬薬連携は、各地域でかなり進んでいる。今回は、製薬企業が有する“ポリファーマシー”に関する情報を公開してもらう初めての試みを企画した。貴重な情報を明日からの業務に生かしてほしい」とあいさつした。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録