HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【特許庁】広島大が唯一40位入り‐ゲノム編集の特許出願件数

2017年5月10日 (水)

 特許庁は、2016年度の特許出願技術動向調査報告書をまとめた。遺伝子治療への応用が期待される生物のゲノムの標的配列を特異的に切断、挿入するゲノム編集技術に関する特許出願件数は、米国人による出願が1535件と約63%のシェアを占め、次いでフランス、中国、ドイツと続き、日本人の出願は51件と2.1%にとどまっていることが分かった。

 1993年から2014年までのゲノム編集・遺伝子治療関連技術の特許出願件数は2431件だった。技術的観点の出願件数推移を見ると、新規ゲノム編集ツールがTALE、CRISPRの出願件数と同期して大きく増えていた。応用産業の出願件数推移は、基礎研究が最も多く、次いで研究用モデル生物・細胞作成、疾患の診断・治療などとなった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録