HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【FDA諮問委】世界初のCAR-T療法、承認推奨‐患者の8割が完全寛解

2017年7月21日 (金)

 米FDA諮問委員会は、スイスのノバルティスが米国承認申請中の小児・若年成人の再発・難治性B細胞性急性リンパ芽球性白血病治療薬「CTL019」について、全会一致で承認を推奨する採択を行った。「CTL019」は細胞治療薬となるキメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)療法で、米国承認を取得できれば初となる。

 CAR-Tは、患者自身の血液からT細胞を採取し、癌細胞や特定抗原を発現する他のB細胞を攻撃するよう遺伝子がコード化されたT細胞を使った自家細胞療法。特に癌領域では細胞治療薬は次世代の治療法として期待が高い。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録