HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【アステラス製薬】エンザルタミドの第III相、治験計画を改訂し終了時期が前倒しへ

2018年8月28日 (火)

 アステラス製薬は、抗癌剤「エンザルタミド」(製品名:イクスタンジ)について、ホルモン感受性前立腺癌(HSPC)患者を対象とした二つの第III相試験「ARCHES」「EMBARK」の試験実施計画(プロトコル)を改訂したと発表した。今回の改訂により、両試験の終了時期が当初の予定より早まる見込みだ。

 ARCHES試験は、転移性HSPC患者を対象とした国際共同無作為第III相試験で、アンドロゲン除去療法(ADT)とエンザルタミドの併用群とADT単独療法群を比較して評価する。主要評価項目は、X線検査で確認する無増悪生存期間(rPFS)で、主要評価項目と副次評価項目の解析計画を改訂し、X線検査で確認する増悪イベントの数が減るという。既に患者登録は終了しており、改定前に2020年4月としていた終了時期が、18年後半に早まる見込みだ。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録