HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【第一三共/米メルク】抗HER2ADC「DS-8201」、キイトルーダと併用も

2018年09月27日 (木)

 第一三共と米メルクは、抗HER2抗体薬物複合体「DS-8201」と、抗PD-1抗体「キイトルーダ」(一般名:ペムブロリズマブ)との併用療法を評価する臨床試験の実施に関する契約を結んだ。今後、HER2発現の乳癌と非小細胞肺癌を対象とした第I相試験を始める。結果次第で目標適応症を広げることも検討していく。「DS-8201」は単剤のみならず、他の標的の異なる薬剤との併用療法開発も進めていくが、抗PD-1抗体「オプジーボ」に続き、免疫チェックポイント阻害剤との組み合わせも検討していく。

 今回、開始する臨床試験では、欧米で約125人の患者を登録する予定。推奨用量を決定した後、四つの患者群で両剤併用の安全性や忍容性、有効性を評価する。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報