HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【医薬品第一部会】国内初の飲酒量低減薬が登場‐新薬2件の承認・一変了承

2018年11月14日 (水)

 薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会は9日、大塚製薬の国内初となる飲酒量低減薬「セリンクロ錠10mg」(一般名:ナルメフェン塩酸塩水和物)の製造販売承認など2件を審議し、了承した。また、サノフィの高コレステロール血症治療薬「プラルエント皮下注75mgペン、同150mgペン」(一般名:アリロクマブ(遺伝子組み換え)の一部変更承認について報告を受けた。

審議品目

 ▽セリンクロ錠10mg(大塚製薬):新有効成分のナルメフェン塩酸塩水和物を含有し、アルコール依存症患者の飲酒量低減を効能・効果とする。国内では断酒状態で使用する薬剤が3品目承認されているが、セリンクロ錠では必ずしも断酒が必要ではない。飲酒量の低減を目的とした効能・効果を持つ薬剤は同剤が初めてとなる。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録