HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】患者の疾患理解で課題解決‐QOL向上へ新プロジェクト

2019年07月02日 (火)

ジュベル・フェルナンデス氏

ジュベル・フェルナンデス氏

 武田薬品は、国内でメディカルアフェアーズ(MA)機能を持つ「ジャパンメディカルオフィス」で、患者の声からアンメットメディカルニーズを把握し、それを解決するための臨床研究やデジタルツールの開発を通じて疾患理解を促して、医療資源の適正化や患者のQOL向上を目指す「ペイシェント・ファースト・プログラム」(PFP)を立ち上げたと発表した。昨年から試験的に複数プログラムを実施しており、今後医療従事者と連携し、患者に寄与するエビデンスを構築し、患者会の支援など患者同士のコミュニケーションの醸成も図っていく。

 同オフィスヘッドのジュベル・フェルナンデス氏は6月28日、都内で開催した事業説明会で、「10年前と比較して患者の声が大きくなった」と背景を説明した。インフォームド・コンセントが普及し、診療ガイドラインに患者の声が反映され、厚生労働省の認定臨床研究審査委員会(IRB)では研究対象者を含めた「一般の立場の者」を構成員に含めることが認定要件となった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報