TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【大津市で協議会】後発品数量が平均上回る‐滋賀県の使用状況を報告

2020年01月30日 (木)

大津市で協議会

 滋賀県は24日、大津市内で2019年度の後発品安心使用促進協議会を開き、医師会、薬剤師会、後発品メーカー、、保険者団体などの委員が集まり、県下の後発品使用促進に向けた課題の情報共有を行った。現在、県の後発品数量割合は昨年3月時点で78.2%と全国平均の77.7%を上回る状況で推移。18年度の73.5%と比べて4.7ポイントの伸び率を示すなど、9月の80%達成に向け順調に推移している現状が報告された。

 協議会では、県内における後発品の使用状況を把握するため、県内全病院(57施設)を対象に実施したアンケート調査結果(昨年11月27日~12月26日実施)が報告された。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報