HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【共和薬品工業】フロンテオと事業提携‐AI活用の認知症診断で

2020年03月05日 (木)

 共和薬品工業は、人工知能(AI)を活用した認知症診断支援システムの開発に取り組むFRONTEOと事業提携に関する基本合意を締結した。今後、医療機器の承認取得に必要な臨床データの構築を開始。主にFRONTEOがシステム開発を担い、共和薬品はマーケティングや販売を担当する計画である。

 同システムは、FRONTEOが開発した自然言語解析AIを利用し、患者と医師の5~10分程度の短い日常会話から認知機能障害の有無や重症度を判定するもの。対象者との日常会話を文字に起こして解析し、認知症ではない人に比べて指示代名詞を使うことが多かったり、「あのー」「えー」などの言葉を多用して次の会話にスムーズに移行できないなど、認知症患者特有の会話のパターンを抽出し、認知症の診断を支援する。認知症患者の会話の記録とそうでない人の会話の記録をAIに学習させて開発した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報