HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【都薬】薬局に情報提供少ない‐永田会長、製薬企業の活動改善要求

2020年07月21日 (火)

 東京都薬剤師会の永田泰造会長は14日の定例会見で、製薬企業における保険薬局への情報提供の現状に言及。「新薬を採用していない地域の保険薬局の中には、申し入れをしない限り企業側から情報提供がされていない場合がある」と指摘。「適切な情報を持った上で患者に医薬品の説明を行い、副作用の初期症状を未然に防止するのが薬剤師の役割。その薬剤師に情報提供がされていない」と問題視し、地域薬局への情報提供活動の改善を求めた。

 都薬は、北里大学大学院薬学研究科の成川衛教授から「医薬品リスク管理計画(RMP)に基づくリスク最小化のための情報資材の保険薬局への到達状況調査」の協力依頼を受け、調査を実施した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報