HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大日本住友製薬】レルゴリクスを共同販売‐北米でファイザーと契約

2021年01月12日 (火)

 大日本住友製薬は昨年12月28日、ゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)受容体阻害剤「レルゴリクス」(一般名)について、北米地域における共同開発、販売の契約をファイザーと締結したと発表した。総額で最大約4350億円を受け取る可能性がある。

 米子会社のマイオバントはファイザーに対し、米国とカナダで同剤の共同開発と販売の権利を許諾し、ファイザーから契約一時金約670億円を受け取るほか、レルゴリクス配合剤の米国承認取得時に約210億円、単剤と配合剤の売上高が各25億ドルに達するまで段階的に販売マイルストンを受け取る。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報