HOME > 企画 ∨ 

【製薬産業】研究体制の再編を実施‐プロジェクトを優先順位付け アステラス製薬

2013年12月6日 (金)

安川氏

安川氏

 アステラス製薬は、新薬創出力の強化に向け、5月に研究体制の再編を発表した。自社研究組織の閉鎖・縮小を行う一方、外部の資源や技術を自社に取り込み、移植・泌尿器・癌などの重点研究領域だけでなく、治療満足度が低い新規領域への探索に向けた新たな挑戦もスタートさせる。上席執行役員経営戦略担当の安川健司氏は、「2017年以降に再び主力品の特許切れが起きてくる。そこを抜け出すために今だからこそ改革に着手する必要がある」と強調。改革のゴールとして、研究開発の生産性向上を狙う。

 同社は05年に発足以来、医療用医薬品、中でも新薬に特化した事業を展開。移植・泌尿器・癌領域を核とした「グローバル・カテゴリー・リーダー」(GCL)を追求し、新製品を投入することで、前立腺肥大症治療薬「ハルナール」や免疫抑制剤「プログラフ」など大型品の特許切れを乗り越えてきた。

 ただ、足元の業績が好調である一方、研究開発の生産性は「当初設定した目標には届いていない」(安川氏)との認識だった。11年からその原因分析作業に着手し、持続成長を成し遂げるためには「特定領域に経営資源を集中させるだけではなく、治療満足度が低く競争優位性が高い新たな疾患領域の開拓」「外部資源のさらなる活用」「研究開発、特に有望な前臨床開発プロジェクトのさらなる加速」「研究費と開発費の費用バランスなど戦略的資源配分の仕組み」などの課題が浮かび上がった。


この記事は、「薬事日報」本紙および「薬事日報 電子版」の2013年11月13日号に掲載された記事です。記事の続きは、「薬事日報」本紙、「薬事日報 電子版」でお読みいただけます。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

企画 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録