HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】潰瘍性大腸炎治療剤「エンティビオ」に期待‐アクトス訴訟和解は「大きな意思決定」

2015年5月19日 (火)

ウェバー社長

ウェバー社長

 武田薬品のクリストフ・ウェバー社長は、15日の決算会見で、2014年度に上市した四つの新製品売上で1000億円近くを達成し、「癌やCNSのスペシャリティ領域、消化器領域でも成功できることを示した」と強調。特に潰瘍性大腸炎治療剤「エンティビオ」が発売初年度で売上200億円を突破したことについて、「わずか10カ月で自社製品の売上6位にランクインした。武田のトップ製品になれる」と手応えを示した。

 武田は抗癌剤「アドセトリス」、降圧剤「アジルバ」、抗うつ剤「ブリンテリックス」、エンティビオの4製品で972億円を売り上げた。エンティビオは、米子会社ミレニアム社が創製したヒト化α4 β7インテグリンモノクローナル抗体。世界18カ国で販売するグローバル製品となっている。

【お詫びと訂正】

 記事初出時、アジルバを「高脂血症治療剤」と記載しておりましたが、正しくは「降圧剤」の誤りでした。お詫びして訂正します。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録