HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】ラニチジンとニザチジン、発癌リスクの評価結果報告‐抗潰瘍薬の投与期間で差

2020年07月29日 (水)

 厚生労働省は27日、発癌性物質のN-ニトロソジメチルアミン(NDMA)が検出され、自主回収の対象となった抗潰瘍薬のラニチジン塩酸塩と類薬のニザチジンの発癌リスクを評価した結果を、薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会に報告した。ラニチジン経口製剤を8週間毎日服用した場合は約50万人に1人(0.0002%)の割合で過剰に発癌するリスクがある一方、2年間毎日服用した場合は約20万人に1人(0.0005%)まで上昇するなど、短期間と長期間の投与で差が見られた。

 ラニチジンをめぐっては、海外で発癌性物質のNDMAが検出され、国内でも一部製剤で暫定基準値を上回る量が検出されたことから、製薬各社が昨秋に自主回収を実施した。類似薬のニザチジンの一部製剤についても同様の措置が取られている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報