HOME > 企画 ∨ 

【製薬産業】核酸医薬の実用化に挑む‐細胞内の標的を狙い撃ち 協和発酵キリン

2013年12月6日 (金)

山下氏

山下氏

 協和発酵キリンは、核酸医薬の研究開発に力を入れる。低分子、抗体に続く三つ目の柱への育成を目指し、癌適応で臨床入りを間近に控えたプロジェクトもある。研究本部研究企画部部長山下武美氏は、「ある程度検証済みの抗原で、抗体や低分子医薬では手が出せなかったターゲットにアプローチしていきたい」と意欲的な姿勢を示す。

 同社は、癌・免疫・腎臓を重点分野に創薬研究を手がけてきた。もともとバイオ技術を強みとするのを背景に、抗体依存性傷害(ADCC)活性を示す「ポテリジェント技術」を開発。この抗体技術を活用し昨年には、自社初の抗体医薬「ポテリジオ」を国内上市した。山下氏は、「大手に比べて会社の規模は小さいが、新しいことにチャレンジする企業風土がある。それが核酸医薬の研究開発につながった」と話す。


この記事は、「薬事日報」本紙および「薬事日報 電子版」の2013年11月13日号に掲載された記事です。記事の続きは、「薬事日報」本紙、「薬事日報 電子版」でお読みいただけます。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

企画 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録