HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】タミフルによる劇症肝炎で注意喚起

2008年2月29日 (金)

関連検索: 医薬食品局 タミフル 劇症肝炎 抗インフルエンザウイルス薬 医薬品・医療機器等安全性情報

 抗インフルエンザウイルス薬「タミフル」(一般名リン酸オセルタミビル、中外製薬が製造販売)の投与と因果関係が否定できない劇症肝炎の報告例があったことを、厚生労働省医薬食品局は27日、「医薬品・医療機器等安全性情報」第244号に掲載し、注意を呼びかけた。

 タミフルは以前から、肝機能障害の副作用があることが知られていた。同局安全対策課によると、2001年の発売以来、6例の劇症肝炎が報告され、50070代の4例が死亡、うち2例は専門家による精査の結果、タミフルとの因果関係が否定できないと判断された。

 それを受けて同課は1月に添付文書の改訂を指示し、「重大な副作用」に劇症肝炎を追記すると共に、「観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う」ことを医療関係者に求めていた。

関連リンク

関連検索: 医薬食品局 タミフル 劇症肝炎 抗インフルエンザウイルス薬 医薬品・医療機器等安全性情報




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録