日本薬学会”を含む記事一覧

2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要 オーガナイザー  吉山友二(北里大薬)  新井茂昭(安田女大薬)  世界に先駆けて超高齢社会を迎えたわが国において、医療は従来型の病院完結型医療から地域完結型医療へと移行し

続きを読む »


2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要 オーガナイザー  木村誠悟(北大院薬)  加藤直也(長崎大院医歯薬)  核酸医薬・遺伝子治療薬は、iPS細胞をはじめとする再生医療や3Dプリンタ創薬など医薬品の概念が急速に

続きを読む »


2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要 オーガナイザー  日下部哲也(医薬品医療機器総合機構)  近藤昌夫(阪大院薬)  弁証法の「対立物の相互浸透の法則」では、物事は対立物の相互浸透により発展すると言われている

続きを読む »


2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要 オーガナイザー  北谷和之(摂南大薬)  中村浩之(千葉大院薬)  スフィンゴ脂質は、スフィンゴイド塩基骨格を持つ脂質の総称であり多様な生命体の脂質性構成分子である。スフィ

続きを読む »


2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要 オーガナイザー  林良雄(東京薬大薬)  土井隆行(東北大院薬)  大野浩章(京大院薬)  平井剛(九大院薬)  日本薬学会国際交流委員会の活動に2国間交流事業があり、

続きを読む »


2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要 オーガナイザー  中澤洋介(慶應大薬)  長井紀章(近畿大薬)  外界からの情報の約80%は視覚から得ていると言われており、良好な「視覚」を維持することは、安心安全な生活を

続きを読む »


2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要 オーガナイザー  巾下広(小野薬品)  大高章(徳島大院医歯薬学)  青木一真(第一三共)  日本薬学会医薬化学部会では、創薬の発展に寄与する革新的な内容を含む研究成果を

続きを読む »


2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要 オーガナイザー  高山廣光(千葉大)  伊藤美千穂(京大院薬)  日本薬学会は、性別年齢を問わず全ての人が対等な立場で活躍できる社会の実現を目指し、その環境を整えるための取

続きを読む »


2021年03月19日 (金)

長戸哲、花田敬久、上野貢嗣、上野正孝、竹中理(エーザイ)  グルタミン酸ナトリウムが昆布のうまみ成分であることは、明治時代に池田菊苗博士により発見された。また、1950年代にグルタミン酸ナトリウ

続きを読む »


2021年03月19日 (金)

東北大学学際科学フロンティア研究所助教 佐藤 伸一  チロシン残基は、リン酸化や硫酸化などの翻訳後修飾の足場、生体内一電子移動の媒介、タンパク質間相互作用や核酸-タンパク質相互作用における分子認

続きを読む »


2021年03月19日 (金)

千葉大学大学院薬学研究院講師 原田 慎吾  炭素原子は四配位の状態(手が4本)が安定であるのに対して、不安定な中性二配位のカルベンと金属原子が形式的に二重結合を形成した高活性な化学種は金属カルベ

続きを読む »


2021年03月19日 (金)

京都薬科大学准教授 高山 健太郎  内分泌・代謝に関わる生体ペプチドを対象とした基礎研究は、生体機能の理解やペプチド関連医薬品の開発へ貢献するなど薬学発展の一翼を担ってきた。多くの生活習慣病患者

続きを読む »


2021年03月19日 (金)

微生物化学研究会主任研究員 野田 秀俊  新薬創出の成功率低下が問題となる中で、新規化合物群の迅速かつ効率的な供給という医薬化学における有機合成化学の役割が、ますます重要となっている。特に機能性

続きを読む »


2021年03月19日 (金)

東京理科大学薬学部助教 草森 浩輔  細胞治療は、自身または他人から採取した細胞を患者に移植することによる疾患治療法であり、低分子医薬品やバイオ医薬品などを用いる治療と比較して、単回投与でも高い

続きを読む »


2021年03月19日 (金)

東京大学大学院薬学系研究科助教 伊藤 寛晃  アミノ酸が連なった化合物であるペプチドは、低分子化合物とは異なる特性を持ち、創薬分野において様々な応用例がある。ペプチド化合物のうち、天然資源由来で

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報