日本薬学会”を含む記事一覧

2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要 オーガナイザー  松沢厚(東北大院薬)  坂本謙司(帝京大薬)  太田公規(昭和大薬)  日本薬学会機関誌「ファルマシア」では、1965年の創刊以降、薬学に関する研究から

続きを読む »


2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要 オーガナイザー  石本憲司(阪大院薬)  藤田隆司(立命館大薬)  カロテノイドは、植物や動物等に存在する天然色素である。これまでに700種類以上同定されており、水に溶けに

続きを読む »


2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要 オーガナイザー  大庭誠(京都府立医大)  出水庸介(国衛研)  臼井一晃(昭和薬大)  1996年にGellman教授(米国ウィスコンシン大学)によって名付けられた規則

続きを読む »


2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要 オーガナイザー  川上美好(北里大薬)  笠師久美子(北医療大薬)  日本では2025年をメドに、可能な限り住み慣れた地域で、その有する能力に応じ自立した生活を続けることが

続きを読む »


2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要 オーガナイザー  増田智先(国際医療福祉大病院薬)  伊東弘樹(大分大病院薬)  池田龍二(宮崎大病院薬)  城野博史(熊本大病院薬)  近年の目覚ましい科学技術の進歩

続きを読む »


2021年03月19日 (金)

京都大学大学院薬学研究科教授 松崎 勝巳  生体膜が関与する生命現象の理解には、膜を構成する蛋白質同士、蛋白質-脂質、脂質同士、さらには可溶性のペプチド・蛋白質も含めた複雑な動的分子間相互作用を

続きを読む »


2021年03月19日 (金)

理化学研究所主任研究員 袖岡 幹子  研究者として歩み出したばかりの頃、プロスタグランジン誘導体の合成研究に携わった。構造が少し違うだけで、その活性は劇的に変わった。特に立体化学の重要性を強く認

続きを読む »


2021年03月19日 (金)

慶應義塾大学 医学部 教授 谷川原 祐介  「薬物治療はなぜ、全員に効かないのか」「薬理反応の個人差はなぜ、生じるのか」「科学的かつ合理的に用法用量を最適化するにはどうすれば良いのか」。これが私

続きを読む »


2021年03月19日 (金)

京都大学大学院薬学研究科教授 竹本 佳司  私たちは、持続可能な開発目標(SDGs)の理念に沿った人類と地球環境に配慮したモノづくり技術、すなわち省エネ・低排出・リスクフリー合成を可能にする取り

続きを読む »


2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要 オーガナイザー  田代渉(慶應大薬)  尾上知佳(富山大院薬)  耐性菌による感染症の年間死者数は、対策を講じなければ現在の70万⼈から2050年には1000万⼈に増加する

続きを読む »


2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要 オーガナイザー  藤井正徳(京都薬大)  藤田和歌子(長崎大院医歯薬)  かゆみと痛みは、本来、生体の異常を知らせる警告系として必要な感覚であるが、様々な疾患に伴ってそれら

続きを読む »


2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要 オーガナイザー  藤井晋也(医科歯科大生材研)  太田公規(昭和大薬)  近年、生命科学における技術革新を受けて、抗体医薬や核酸医薬、あるいは細胞医薬や遺伝子治療など、新し

続きを読む »


2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要 オーガナイザー  中島孝平(北大院薬)  貝出翔(京大院薬)  分子イメージングは、生体内の蛋白質などの分子の変化や働きを可視化する手法である。例えば、核医学イメージング法

続きを読む »


2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要 オーガナイザー  岩井美幸(国立環境研究所)  藤代瞳(徳島文理大薬)  近年、金属類などの化学物質曝露による子供の健康影響に関する報告が増加し、世界各地で大規模出生コホー

続きを読む »


2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要 オーガナイザー  岩谷靖雅(国立病院名古屋医療セ臨床研セ)  三隅将吾(熊大院薬グローバル天然物科学研究セ)  玉村啓和(東京医歯大生材研)  全世界に急速に拡大した新型

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報