バイオ医薬品”を含む記事一覧

2017年4月24日 (月)

 富士フイルムは、バイオ医薬品の開発・製造受託事業をさらに拡大するため、米国・英国のバイオ医薬品のCDMO拠点に総額140億円の設備投資を行うと発表した。米国ではバイオ医薬の生産棟が完成し、2018年初めに稼働予定。

続きを読む »


2017年4月19日 (水)

 日本医療研究開発機構(AMED)は5月29、30の両日、東京有楽町の東京国際フォーラムで「AMEDシンポジウム2017」を開催する。15年4月に発足して以来、医療分野の研究成果の実用化に向けた取り組みを進めてきたA

続きを読む »


2017年4月19日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
議論は平行線のまま 敷地内薬局:P2 癌ゲノム医療推進へ議論:P2 主力ブランドを強化 ピップ:P6 14年連続増収を達成 日本BI:P7

続きを読む »


2017年3月22日 (水)

【アステラス製薬】グアニル酸シクラーゼC受容体アゴニスト「リンゼス(R)錠0.25mg」日本で新発売のお知らせ
【大日本住友製薬】米国連結子会社Boston Biomedical, Inc.の代表者の異動およびがん領域事業のグローバルヘッドの新設のお知らせ
【Meiji Seika ファルマ】DMバイオ社における抗体医薬品製造プロセスの確立ならびにバイオ医薬品のCMOサービス開始に関するお知らせ

続きを読む »


2017年3月6日 (月)

 富士フイルムは、バイオ医薬品の開発・製造受託の事業拡大に向け、1日付で「バイオCDMO事業部」を設立した。バイオ医薬品の開発・製造受託市場は年率8%の成長を遂げる中、バイオ医薬品以外にも、低分子医薬品の開発・製造受

続きを読む »


2017年1月16日 (月)

 武田薬品とバイオベンチャーのマーベリックセラピューティクスは、癌治療を対象にT細胞誘導療法の基盤技術に関する提携契約を結んだ。武田は、マーベリックから技術開発を行う独占的権利に加え、マーベリックの株式を獲得。5年間

続きを読む »


2016年12月26日 (月)

 AGC旭硝子は、デンマークを本拠とする大手バイオ医薬品原薬の開発製造受託企業(CDMO)「CMCバイオロジクス」を買収すると発表した。買収額は約600億円。独占禁止法当局の承認を前提に、来年1月にAGCグループの子

続きを読む »


2016年10月21日 (金)

きょうの紙面(本号24ページ)
ワクチン企業の再編提言:P2 薬事関係功労者表彰 東京都:P3 英製薬企業が日本上陸:P23 企画〈メディパル新ビジョン〉:P4~21

続きを読む »


2016年9月29日 (木)

 武田薬品は、仏アフィロジックが保有する薬物送達のドラッグデリバリーシステム(DDS)技術「ナノフィッティン」を活用し、中枢神経系疾患を対象とした薬剤に関する共同研究開発を開始する。米国カリフォルニア州サンティエゴに

続きを読む »


2016年9月26日 (月)

 薬物送達・薬剤学に関する国際シンポジウム―歴史を越えて(International Symposium on Drug Delivery and Pharmaceutical Sciences:Beyond the

続きを読む »


2016年9月9日 (金)

【アストラゼネカ】呼吸器バイオ医薬品BENRALIZUMAB 第III相試験 重症喘息の主要試験において良好な結果を示す
【武田薬品】官民パートナーシップの一環として、独立行政法人国際協力機構(JICA)が当社の医薬品アクセスへの取り組みを支援
【バイエル薬品】PDE-5阻害薬で十分な反応が得られない肺動脈性肺高血圧症の患者さんにはリオシグアトへの切り替えが効果的と考えられることが試験により判明

続きを読む »


2016年9月2日 (金)

バイオ薬開発促進は72億円  経済産業省の2017年度予算概算要求では、医療技術の開発などを促進させる科学技術振興費が約13%増の1104億円となった。バイオ医薬品の製造技術の確立などを進める「次世代治療・診断

続きを読む »


2016年8月5日 (金)

 武田薬品は、今後3~5年間で総費用約750億円を投じ、世界中に分散している八つの研究拠点を、日本と米国に集約させる再編を行う。研究開発領域の選択と集中を進める中、癌・消化器(GI)・免疫・バイオ医薬品は米国

続きを読む »


2016年7月29日 (金)

きょうの紙面(本号8ページ)
緩和医療の体制充実で意見書:P2 ペプチドリーム 窪田氏に聞く:P12 企画〈薬局業務の効率化と質的向上を目指して〉:P3~10

続きを読む »


2016年7月14日 (木)

 日本ジェネリック医薬品学会学術大会の大会長を務めた国際医療福祉大学大学院の武藤正樹教授は9日に講演し、自己負担額の上限を定めた高額療養費制度や公費助成制度があるため、高額なバイオ医薬品をバイオシミラーに切り替えるイ

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録